ブログ

BIG3のメリット・デメリット

投稿日:

皆さんこんにちは‼️

ONEWALKGYMトレーナーの安井です‼️

今回は筋トレのBIG3のメリット、デメリットについて書きたいと思います。

皆さんは筋トレの種目でBIG3と呼ばれる種目があるのをご存知でしょうか??

BIG3とは、スクワット、ベンチプレス、デッドリフトの3つの種目のことで、筋トレの種目の中ではかなりメジャーな種目だと思います‼️

よく筋トレ初心者の方はBIG3をするべきと言われますが、その理由は体の中でも大きな筋肉を鍛えることができるため、始めの体の土台作りができるからです💪💪

スクワットでは大腿四頭筋、大臀筋、ハムストリングスをメインに鍛えることができ、他にも動作の際に姿勢を維持するため背筋や体幹まわりも鍛えることができます。

ベンチプレスでは大胸筋、上腕三頭筋、三角筋前部をメインに鍛えることができ、スクワットと同様で動作の際に背中のアーチをキープするために背筋や下半身なども使われるため、それらも鍛えることができます。

デッドリフトにはスタートポジションが様々ありますが、BIG3のデッドリフトは床引きのデッドリフトになります。

デッドリフトでは背筋、大臀筋、ハムストリングスをメインに鍛えることができ、他にも挙上の際に膝の関節を伸ばすため大腿四頭筋も鍛えることができます。

そして、BIG3のメリットとデメリットですが、種目ごとにメリットとデメリットを話すと、文字では説明しにくい所もあるため、今回は3つの種目の共通のメリットとデメリットを説明していきます。

まず共通のメリットは高重量を扱えるというところです👍

筋肉を大きくするためには高重量を扱うことも大切なため、重さを扱えるBIG3はもってこいの種目になります💪💪

他にも体の大きな筋肉を鍛えることができるため、消費カロリーも多くダイエットにも効果的です‼️

逆に共通のデメリットは高重量を扱えるため、適切なフォームで行わなければ体の負担が大きく、怪我のリスクが高くなるところです😭😭

特にデッドリフトは死の挙上ともいわれ、BIG3の中でも1番怪我のリスクが高く、実際に僕の周りでもデッドリフトで腰を痛めた方も多くそれだけ体への負担は大きいです‼️

個人的な意見ですが、筋トレ初心者の方はスクワット、ベンチプレスは始めからメニューに取り入れても良いと思いますが、デッドリフトはスクワット、ベンチプレスがある程度できるようになってからメニューに取り入れるのがオススメです😅😅

さらに、個々の部位の鍛え分けができないため、ある程度トレーニングのレベルが上がってくるとBIG3だけでは物足りなくなってきます。

他にも細かな共通のメリット、デメリットはありますが、代表的なメリット、デメリットでいうとこれくらいがあげられます。

そのためトレーニングメニューはBIG3も取り入れつつ、下半身であればレッグエクステンションやレッグプレスといった、足だけを鍛えられる種目もバランス良く取り入れるとより効果的に筋トレができると思います💪💪

ということで今回は筋トレのBIG3のメリット、デメリットについて書かせていただきました🙇‍♂️🙇‍♂️

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♂️

ワンウォークジム通販

ワンウォークジム インスタグラム

-ブログ

Copyright© 大阪パーソナルトレーニングジム長居プライベート/ワンウォークジム , 2022 All Rights Reserved.