ブログ

ダイエットと睡眠の関係性

投稿日:

皆さんこんにちは‼️

ONEWALKGYMトレーナーの安井です‼️

今回はダイエットと睡眠の関係性について書きたいと思います。

ダイエットといえば、食事制限や筋トレ、ウォーキングやランニングなどの運動だと思いますが、実は睡眠もダイエットを成功させるためには大切になってきます👍

何故、睡眠がダイエットをするために大切かというと、睡眠に深く関係するホルモンの働きが体を太りにくく痩せやすい体を作るために大切になってくるからです‼️

そのため、睡眠不足が続くと次の日の朝スッキリ起きられないだけではなく、ホルモンバランスが崩れて痩せにくくなります😭😭

まず、睡眠時間は大体7時間以上を目安にしましょう😴😴

ある研究によると、睡眠時間が長い人と短い人を比べた時に睡眠時間が短い人の方が、肥満体型の方が多かったという結果もあったりします。

そして、睡眠に深く関係するホルモンはいくつかありダイエット目線で1番大切なホルモンは、成長ホルモンと言われるものです。

成長ホルモンとは、子供時代の成長に大きく貢献しますが、大人にとっても大切で代謝を促進したり、新たな細胞を作る重要な役割があります

さらに、成長ホルモンは脂肪を燃焼させることで、これらの働きをするためのエネルギーを得ており、その分成長ホルモンが増えれば脂肪燃焼も促進されます‼️

そして、成長ホルモンの分泌量を増やすために大切なのが睡眠です👍

特に22時〜2時くらいの間が、成長ホルモンがよく分泌される時間でこの間に眠りに入ることが大切です。

また、成長ホルモンはインスリンやテストステロンと同じでアナボリックホルモンとも言われており、タンパク質の合成を刺激し、筋肉の成長や肥大を促すホルモンと言われています。

他にもコルチゾールというホルモンは、ストレスを感じると多く分泌され、このホルモンが過剰に分泌されると、成長ホルモンの分泌を抑制してしまいます😭😭

さらに、日頃の過度なストレスや緊張状態が続くとコルチゾールが沢山分泌されてしまい、覚醒状態が続き良い睡眠の妨げになってしまいます。

また、コルチゾールはカタボリックホルモンとも言われており、成長ホルモンとは逆でタンパク質の分解を刺激し、筋肉の成長や肥大を妨げてしまいます。

また、成長ホルモンやコルチゾール以外にもレプチン、メラトニン、セロトニンなどのホルモンもあり、レプチンは食欲を抑制する働きがあり、メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれ、眠気を促進する働きがあります💤💤

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれ、心身の安定に不可欠なホルモンで質の良い睡眠をとるためには心身がリラックスした状態であることが大切です。

ダイエットを効率よく成功させるためには運動、食事、睡眠のこの3つを組み合わせることが大切になってきます💪💪

ということで今回はダイエットと睡眠の関係性について書かせていただきました🙇‍♂️🙇‍♂️

ダイエットをする際に参考になればと思います‼️

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました🙇‍♂️🙇‍♂️

ワンウォークジム通販

ワンウォークジム インスタグラム

-ブログ

Copyright© 大阪パーソナルトレーニングジム長居プライベート/ワンウォークジム , 2021 All Rights Reserved.